洗顔をし終わった後に蒸しタオルを顔に20~30秒くらいかぶせると

基本的に主菜と副菜の味は被らないよう気をつけていますが、昨日は甘酢炒めに酢の物を作ってしまいました。疲れていて身体が酸っぱいものを欲してる証拠だよと家族に言い訳しながらの食卓となりました。そんなときもありますよね。

閑話休題。洗顔をし終わった後に蒸しタオルを顔に20~30秒くらいかぶせると、肌が柔らかくなり毛穴が開いている状態に自然になります。この時に重ね付けして、着実に浸み込ませれば、一段と効率よく美容液を使いこなすことができるに違いありません。
不適当なやり方での洗顔を実施されている場合を外せば、「化粧水の扱い方」をちょっぴり直すことによって、手軽にぐんぐんと吸収を促進させることが見込めます。 続きを読む “洗顔をし終わった後に蒸しタオルを顔に20~30秒くらいかぶせると”

お肌のみずみずしさを保っているのはセラミドと言われている保湿物質でセラ

ここ最近、連日の暑さで体がどうにかなっちゃいそうですね?夏は紫外線が半端なく強くてお肌の手入れが大変ですが、暑さのおかげで代謝が促されるのでダイエットには最適な季節とも言えます。皆さん、暑苦しいこの季節も前向きな発想の転換で上手く乗り切っていきましょう。

ところで、お肌のみずみずしさを保っているのは、セラミドと言われている保湿物質で、セラミドの量が一定レベルを下回ると、肌のバリア機能が弱まり乾燥状態になってしまうのです。肌のうるおいのもととなるのは化粧水などではなく、体内そのものにある水だということを知っておいてください。

肌の一番外側の角質層に貯蔵されている水分とい

肌の一番外側の角質層に貯蔵されている水分というのは、2~3%前後を皮脂膜、約18%を天然保湿因子、あと約80%の量は、セラミドという名の角質細胞間脂質の働きによりストックされているのです。 続きを読む “お肌のみずみずしさを保っているのはセラミドと言われている保湿物質でセラ”

ヒアルロン酸は皮膚関節目の硝子体など様々な部位に内在しているもので

我が家のデッキの所に野良猫がよくご飯をもらいにやってきます。最初はご飯を食べたらサッサと姿を消していたのに、最近は身体を伸ばしてお昼寝する姿も。お昼寝してくのはいいんだけど、デッキ横に干してる洗濯物をそろそろ取り込みたいんだけどな。でも取り込もうとしたらビックリして起きちゃうよね。困っちゃうなあ。

さて、ヒアルロン酸は皮膚、関節、目の硝子体など様々な部位に内在しているものであり、カラダの中でたくさんの機能を持っています。元来は細胞間に多量にあり、傷つきやすい細胞を保護する働きを受け持ってくれています。
人工的に作り出した 薬剤とは一線を画し、人間の身体に生まれつき備わっている自己治癒力を向上させるのが、プラセンタの役割です。登場してから今まで、特に尋常でない副作用の情報は出ていません。 続きを読む “ヒアルロン酸は皮膚関節目の硝子体など様々な部位に内在しているもので”